キャッシングの審査は何を見られるか?審査対策したいならココ!

はじめてのキャッシング

どんなに頑張って仕事をしていても、どうしてもお金が足りなくなることは誰にでもあることです。そんな時、家族や友人に気軽に声を掛けられる方も中にはいるかもしれません。しかし、ほとんどの方は、なるべく周りの人に迷惑をかけたくない、という思いから自分で何とかする方法を探すことにするかもしれません

 

キャッシングは一時的にお金が必要な時にスピーディーに対応できる便利なサービスです。金利が高くて取り立てが厳しい、というイメージを持っている方もいるかもしれませんが、賢く利用すれば金利負担を減らすことができます。また、きちんと返済すればトラブルに巻き込まれることはありません。逆に、お金がなくてどうしよう……と悩んでいる時間とストレスをなくすことができます。

 

はじめて総量規制対象外のキャッシングであっても、利用する方の中には審査に通るかどうかが不安だ、という方がいるようです。でも心配はいりません。たとえば正社員ではなくても、パートやアルバイトなどによる毎月安定した収入があれば大丈夫です。また、今までキャッシングをしたことがない、ということは他に借金がないということなので、消費者金融が安心してお金を貸してくれることを期待できます。

 

ただ、はじめからたくさん借り過ぎないように気を付けましょう。かなりお金に困っているという印象を与えると、審査の際に不利になる可能性があります。はじめてのキャッシングの審査に大切なのは、申込書に正直に記入することと、借入希望額をなるべく抑えておくことです。

 

 

すでに他社で借入がある場合

すでに他社で借入があって、これから新規でキャッシングをしようとしている方の場合、はじめての時よりも審査の難易度が高くなります。ただし、審査基準は10項目以上あり、それらを総合的に見て判断されるため、すでに借入があるからという理由だけで審査に落ちることはありません。

 

また、すでに借入があったとしてもきちんと返済していれば問題ありません。逆に、お金をきちんと返済する信頼できる人だという印象を与えることができるかもしれません。しかし、今までにクレジットカードやキャッシングの返済に支払遅延などの履歴があると、審査の時に不利になる可能性があります。

 

なぜなら、審査の時には申込をした業者が決めた基準を満たしているかどうかだけでなく、信用情報機関の個人情報の照会も行なわれるからです。個人情報には、今まで消費者金融に申込んだことがあるか、返済状況はどうかなどの情報がすべて保存されているため、何度申し込んでも審査に落ちてしまう方は、過去の履歴が関係しているかもしれません。

 

すでに他社からの借入があって、新たに申込を考えている方は、現在の借入件数を減らしてから申込むことで審査に通る可能性を高めることができるでしょう。また、属性を高くするのもひとつの方法です。審査の際に優先的にみられるのは、年収・信用力・雇用形態・勤務先などの項目です。ですから、たとえばパートから正社員に変わったり、年収が高くなればそれだけ審査に通る可能性も高くなります

 

これに気を付ければ審査に通れる

審査基準として優先度が最も高いのは年収です。年齢や勤続年数など他の基準を満たしていたとしても、年収が200万円以下だと審査に落ちる可能性が高くなります。年収が低いと、毎月の収入がすべて生活費に消えてしまい、借金を返す能力がないと判断されてしまうからです。

 

このような場合、申込をするときに希望借入額を低めにするのが審査に通るためのポイントです。少額融資にすれば、審査に通りやすいだけでなく、生活を圧迫されることがないので、ストレスなく返済をすることができるでしょう。なお、希望借入額が10万円以下の場合は審査に通る可能性が上がります。

 

ほかに気を付けたい点として、申込書は正確に記入しましょう。中には、自分の収入を多めに記入したり、借入件数を少なめに記入する方もいるようです。審査に通りたいがためにウソをつくと、逆効果になるので絶対にやめましょう。信用を失うことは、収入が少ないことよりも不利な要素になります。

 

また、一度に複数の業者に申込まないように気を付けましょう。申込んだだけで契約をしていないとしても、申込んだという事実が個人情報に残ってしまうからです。そうなると、かなりお金に困っているという印象を与えてしまいます。急いでお金が必要な時でも、申込は慎重にすることが大切です。

 

今後の審査に向けての対策も重要

無事に審査に通ると、安心して気が抜けてしまうかもしれません。しかし、本当に重要なのは審査に通ることではなく、借入をきちんと返済することです。返済日を確認し、それまでにお金を用意しておきましょう。手元にお金があるとついつい使ってしまう、という性格なら、お給料が入ったらまず返済金額を取り分けておくのが良いかもしれません。

 

一度も滞納することなく完済した、という履歴があれば、信用度を高めることにつながります。また、一定期間安定した返済を続けると、金融会社の方から増額融資の旨を伝えてくることがあります。あなたがお金をきちんと返してくれる良いお客様なので、これからも利用してください、というオススメがくるのです。はじめからたくさん借りようとするよりも、このチャンスを待つのが賢明かもしれません。

 

一度でも返済を滞納すると、今後の審査に影響します。逆に、これまできちんと返済してきた事実は、増額融資につながります。ですから、現在借入をしているなら、今後のことを考えて安定した返済を続けましょう。はじめてキャッシングを利用する方も、この点を意識しておけば安心して利用をすることができます。

 

すでに滞納をしてしまった方は、新規でお金を借りることよりも、まずは現在の借金を返済することに集中した方が良いかもしれません。減らせる出費を減らしたり、収入を増やす努力をするなどの方法でピンチを乗り切りましょう。信用情報機関の情報は3年から5年で消えるといわれているので、それまではなるべく利用を控えておくことが今後の審査に向けた対策となるでしょう。